カテゴリー別アーカイブ: 重巡洋艦

古鷹改二

古鷹改二

  • 2014/12/1に実装、改造Lvは65とそれなり。
    • ちなみに約1年前に実装された衣笠改二はLv55だったりする。
  • 性能としては天龍鳳翔のような低燃費低能力タイプであり、残念ながら重巡の中では最弱の部類のまま(それでも最初期と比べるとかなり強くなってるが)。
    • その分出撃コストは軽いため、掘りなど何度も連続して出撃させる場合には適している。上手く使い分けよう。
  • 改造後の持参装備は20.3cm(2号)連装砲×2と探照灯ついに目の探照灯を持参するようになったよ
    • 単純にサービス開始時に探照灯が未実装だったから今頃持ってくるということになったとみるべきか。
  • 性能を見ると火力77,雷装75と改二としてはやや抑え気味、衣笠改二と同じポジションというべきか。
    • ステータスは衣笠改二と比較すると火力+3、雷装+1、運+1、対空-2、回避-2、装甲-1
      • 古鷹改との比較では火力+7、雷装+15、運+4、対空+5、回避±0、装甲+2、耐久+5。
    • 燃費も例によって同じ。どう使うかは提督次第か。
    • しかし一年前の強化以前のと比較した場合、火力+23・装甲+8・雷装+16と凄まじい値となる。これは常識破りな強化を果たした夕立改二に匹敵どころか総合では上回るほどのものであり、
      軽巡以下とさえ罵られていた時期から愛用していた古参提督から見ると感慨深いものがあることは確かだろう。

 

古鷹

古鷹

古鷹型は小型・旧式の重巡洋艦であり、残念ながら戦闘能力の最大値では新型の重巡たちには及ばない。ただし燃費は良好なので資源消費を抑えたい場合に有用と言える。

  • 2013年10月16日アップデート以前は重巡の中どころか軽巡にも劣る能力だったが、同日アップデートで改善。夜戦補正と合わせれば軽巡には無い運用上の利点ができた。
  • 2014年1月15日アップデートにて改造後の火力上限が70に上昇。軽巡改の最大値(球磨改長良改名取改の69)を上回った。
  • 2014年4月23日アップデートで「弾着修正射撃」が実装。4つの武装スロットのお陰であまり火力を落とさずにを積むことが出来る重巡と抜群の相性の同システムのおかげで、改二で追い込みをかけつつあった軽巡とは一線を画する昼戦火力を比較的安定して叩き出せるようになった。やったね!!
  • 重巡はその本懐たる夜戦において、フラ戦を一撃で屠る火力を発揮出来る。 夜戦MAPでは試行回数がモノを言う為、性能と引き換えに燃費が悪化した高雄型・利根型より、古鷹型・青葉型の方が優位と言える場合もある。 敵艦のスペックを確認した上で判断しよう。