カテゴリー別アーカイブ: 重巡洋艦

利根

c4d47c50

  • 平均的重巡と比べ改造後の火力がほんの少し劣る(74対74~78)が、雷装、対空が優秀な部類であるほか、索敵については通常49~59であるところ、本艦は79(軽空母と同等)を誇っている。装甲も高めであり、優秀な重巡である。
    • 2014年1月15日のアップデートにて他の重巡改と共に火力が少し向上した(74→76)。
  • なお、水上偵察機についても、他の重巡が各スロット2機ずつ、合計8機しか搭載できないところ、本艦は改造前でも3機ずつ合計9機と1機多く、改になれば4機ずつ合計16機と倍も搭載できる。めったにないが、連続で未帰還になっても安心
    • ただし瑞雲などの水上爆撃機は搭載できないので注意。
  • 2014年4月23日のアップデートでついに妹筑摩とともに改二実装。
    • 改造の際には毎月の拡張作戦およびイベント海域攻略でもらえる勲章4つと交換で手に入る「改装設計図」1つを消費する。
    • 艦種が重巡から航巡になるので、ルート固定用の主力重巡を利根型に頼っている人は要注意。
  • 火力・雷装・対空・装甲すべての数値を上げられる貴重な素材でもある。
  • 正面からでは分かりにくいかもしれないが、髪型はツインテール
  • 利根型は前部甲板に砲塔が集中配置されている(小ネタ参照)事の表現として、艦娘「利根」は右半身に砲、左半身にカタパルトを配置した左右非対称の艤装をまとっている(これは妹も同様)。で分かりやすくなった。

熊野

maxresdefault-2

  • 2013年8月1日アップデートの期間限定イベント『南方海域強襲偵察!』のドロップ報酬として先行実装。
  • 本来は別のイベントで実装される予定だったが、潜水艦「伊19」の音声とり忘れというアクシデントで、代わりとして急遽先行投入されたとか。
  • 鈴谷と同じく、改造によって史実では実現しなかった航空巡洋艦化されることになる。
  • 2013年10月16日アップデートから本実装。鈴谷と同じく建造が可能になった。いわゆる「戦艦レシピ」での建造報告があがっている。
    2014年2月26日アップデートにて5-4のボスからもドロップ可能になった。
  • 改造可能レベルが少々高めな点に注意。

鈴谷

10073452_2

  • 2013年8月1日アップデートの期間限定イベント『南方海域強襲偵察!』の第三海域クリア報酬として先行実装。
    • 本来は別のイベントで実装される予定だったが、潜水艦伊19の音声録り忘れというアクシデントで、代わりに先行投入されたとか。
  • 2013年10月04日アップデートで本実装された。*2
    • ドロップは2014年7月現在、5-3ボスと5-4のボス、2014年5月23日アップデートで実装された2-5ボスからのドロップのみ報告される、レアな艦娘である。
    • 通常の建造で、いわゆる「戦艦レシピ」などで高くない確率で建造出来る。
    • 大型建造でも建造できるが、使う資源量を考えればハズレ枠として見る方が良いだろう。
    • 秋イベント以降は、イベント海域のボスからもドロップするようになっている。
      • 13年冬のアルペジオイベントでも確認されており、比較的掘り易い海域だった為ここで初入手した提督は多い。
  • 史実では存在しなかった航空巡洋艦への改造も可能。改造可能レベルが妙に高い点に一応注意。
    • 改造すると低い運(5)が平均並に上がるが、残念ながら三隈ではないので三隈砲は持ってきてくれない。
    • 航空巡洋艦が2隻必要なクエストがある。鈴谷は航空巡洋艦の中では入手しやすい方なのでゲットできたら忘れずにこなしたい。

三隈

maxresdefault-1

  • 2013/6/26実装。
  • ドロップを狙おうとすると、4-3と5-2のボスマスしかない。
    • とはいえ、5-2は2014/6/6に実装された大鯨が出るので、捕鯨のついでに入手したという人も多い。
    • イベント海域でも出てくるため、今では昔ほど珍しい艦娘ではない。
  • 2013/12/24実装の「大型艦建造」で建造することも可能なので、入手難易度が下がっている。
  • 改造可能レベルが通常の重巡に比べて少し高いが、他の航巡と比べると低い方に入る。
  • 20.3cm(3号)連装砲を改修工廠で改修する場合、二番艦に必須な艦娘である。

最上

B00G5Z0YUA.01._SCRMZZZZZZ_SX1080_CR0,10,1080,960_

  • 史実では呪いレベルの不運続きにも拘らずなぜか運は10と普通である。あれ? ちなみには揃って5。不幸姉妹決定戦決勝進出。
    ただし改造後はいずれも10となるうえ最大値は69とむしろ上位に相当する値なので特段気にする必要はない。
  • 以下は改造前提。最上型は火力こそ他の重巡にそれほど見劣りしないが、その他の能力は全体的に低調。耐久力はアップデートで改善したもののそれでも妙高高雄利根らに比べて5~7低い。
    その代わり搭載機数は破格の19機。もちろん瑞雲装備可能となかなかおもしろい。また、燃費も悪くない。
  • 本艦・最上はレベル10という低いレベルで改造が可能なためか、2014年1月15日のアップデートまでは改造後の最上型の中では火力の最高値が5だけ低かった。
    • 史実では主砲が6門に削減されたにも拘わらず、75ある火力は前述のとおり、他の重巡とほぼ差が無い。
    • 近代化改修の素材としてみると、貴重な「対空+3」を提供してくれる。対空は向上させにくい能力なので有用だ。なおゲーム中盤以降は軽空母が簡単に手に入るようになるのでわざわざ育ててまで素材にする意味はなくなる。
      • ただし、Lv10での改造は「最上」だけの特例である。他の最上型3隻は改造可能レベルが30もしくは35である上、入手も困難*1なので、最上のように気軽に素材にすることはできない。
  • なお、最上を含む艦隊で2-3をクリアする、と言う任務があるため、最低限の育成はしておいた方がよいだろう。他にも航空巡洋艦が必要な任務では、多くの提督が入手しやすい彼女のお世話になるはずだ。
    • 単純に戦力補強の目的でもうってつけ。改造レベルも低く、他の最上型の妹達と同等のステータスに引き上げられたお陰で早熟戦力として優秀。
  • さらに、最上を含む西で5-1をクリアすると貴重な勲章が入手できる任務も新たに追加されている。

鳥海

maxresdefault

  • 艦これにおいては、最終パラメーターの高さでは、史実でも改装を受けている姉達には敵わないものの平均より高めな性能の重巡洋艦。
    • 高雄愛宕は雷撃が、摩耶は対空が高くなる。
    • 1/15のアップデートにて火力が上昇、摩耶とともに重巡で最高の火力を得た……とはいえその差はちょっと色が付いている程度であり、摩耶のように耐久値が劣っているなんてことはないが、総合値で見るならば姉二人よりも劣っている。
      史実通りとはいえ少々不憫である。
  • 任務では3つの編成クエストと2つの戦闘クエストで必要になるので、入手後に多少育成すると良いだろう。
    • 上記の通り性能も別に低くないため、そのまま育て続けて主力にしても問題は無いだろう。
  • 重巡娘としては摩耶と同様かなりの軽装。艤装は両腕の20.3cm砲と両肩の高角砲に右足のブーツのようなモノ、そして頭のアンテナのみ。どこから魚雷発射しているのか疑問である。
    • 高雄型の魚雷管は甲板上にはなく艦の側面に内蔵しているので実は元の艦に忠実。だが艦娘の鳥海がどこから魚雷を取り出すのかは相変わらず謎。
  • 実は眼鏡っ娘。ぱっと見では分かりにくいが、縁無し眼鏡をかけている。
    遠目には鼻に乗ってるブリッジだけが見えるため、絆創膏を貼ったガキ大将スタイルと誤認する提督も多いようだ。

摩耶

摩耶

  • Lv18で改造可能と序盤で嬉しい重巡。耐久のみ他の高雄型重巡に比べ2低いが、重巡全体から見れば極普通。
    • 改造後は史実で対空砲を満載した経緯を再現してか、対空最大値89と通常59-69の重巡水位を大きく上回る強化がされる。摩耶改も参照。
      • この数値、重巡どころか全艦娘中7位タイ。史実でも強力な対空戦闘力を見せた伊勢ら航空戦艦と同等で、上にいるのは秋月榛名改二,長門大和だけ。
      • ただし活かせるかというとかなり微妙。最も威力を発揮できそうな対空カットイン自体が重巡と相性が悪く、弾着観測か夜戦のどちらかの火力をかなり譲歩しなければならない。装備できる対空砲が副砲カテゴリだけという面でも辛い。せめて戦艦のように主砲と三式弾でもカットインができれば…
    • 同じく史実ではこの対空特化改装によって主砲塔を1基撤去しているが、火力はなぜか姉妹と同等のままで下がらない。遠慮無く砲撃戦や夜戦にも使っていける。
  • 長々語ったがつまるところ利根筑摩と並び「強い重巡」であるので、使って損はない。
  • なお重巡は近代改装化用素材として用いた場合、未改造(利根筑摩を除く)対空+0、改で対空+1だが、摩耶改は+4と強力になっている。
    対空をこれだけ強化出来るのは、戦艦・空母クラスや防空艦の秋月型以外ではほぼ摩耶改五十鈴改最上改の3隻くらい。

    • ただしLv12(6,600exp)で+4の五十鈴、Lv10(4,500exp)で+3の最上と比較すると、Lv18(15,300exp)で+4の本艦は進んで素材として使うには効率が悪い。改造後を素材として使う場面はほぼないだろう。
  • 戦闘を含めた2つの任務で必要になるため、一応留意しておこう。

愛宕

愛宕

  • 愛称はおっぱい怪獣アタゴン
  • 愛宕は初期状態の重巡において、姉妹ともども最高クラスのステータスを誇る。
  • 戦闘を含めた2つのクエストで必要となるので、解体する際には注意しよう。
  • ドロップでは2-1BOSS以降から登場するようになるが、羅針盤、そして愛宕以外のドロップに阻まれまくるのが難点。
    2-4-1や3-2-1といった経験値稼ぎのお世話になるMAPでも登場するため、そちらから狙うほうがよいと思われる。
  • \パンパカパーン/*1や胸部装甲の印象がとても強いが、実能力も優秀な部類。
    姉の高雄共々、改造・改修後の耐久と火力・雷装は重巡カテゴリの中で最高値を誇り、装甲も二番手に位置する。

    • ちなみに妹分の摩耶は対空特化と言う強みを持っているので、そちらも知っておくといいかも。
    • 2013/10/16のアップデート以前は、火力が重巡カテゴリの中では二番手(純粋な重巡のみなら最高値)だった。
      重巡の上方修正によって装甲は利根型に若干差をつけられてしまった。
    • 2014/01/15のアップデートにより重巡が再び強化。愛宕自身も強化はされたが、火力トップの座は妹の摩耶と鳥海に譲ることとなった。

高雄

高雄

 

  • こんにちは、高雄です!
    由来は京都府の高雄山からで、台湾の高雄市とは関係ありません(こちらは現地語の当て字に過ぎない)
    よくカカオって呼ばれますが…気にしてません!
  • 最初の高雄は旧幕府軍艦*1だったそうです。千代田さんや翔鶴さんみたいですね。
    2人目は国産初の巡洋艦として日本海海戦に参加しました。
    3人目は「愛宕」とともにワシントン軍縮条約を受けて解体された天城型の3、4番艦――つまり赤城さんの妹です。
    結局幻に終わりましたが、41cm砲搭載巡洋戦艦に…うふっ、期待されてたのですね。
    この由緒ある名を受け継いだ4人目が私です。そろそろ5人目が欲しいかしら。
  • 恥ずかしいけど、アレがデカいって言われます。詳しくはの項を読んでね。本当はあちらのほうがお姉さんだし(先代も同じ)。
    ちょっと付け足しておきますと、足柄姉さんの言うとおり妙高型って居住性が悪いし、指揮設備などももの足りないって理由で
    私のは大きくされちゃったの。煙路の上にも艦橋設備を被せたせいでもありますけれど。
  • でもイギリス人から「甲状腺の肥大化したカバ」って最悪なアダ名を付けられたのは…
    せめてノンノン(フローレン)と呼んで欲しかったですわ。
  • 前部砲塔は妙高型のようにピラミッド状に配置されています。こうすると3番砲塔の射界がある程度限定されますが、装甲の防御範囲を短くできるそうです。
    でも後部砲塔を使うと爆風で艦載機が壊れそうになるの(実際に壊した)。利根ちゃんのあの形は、この反省を生かしてるのよ。